ブログ・エッセイ


加古川市、菅原洋一、岡村よし乃、岡村正治、五十嵐喜芳、「みかんの花咲く丘」

10月9日(2021年)の記事で加古川散策のことを書いたのだが、その数日後の12日、夜のNHK歌謡番組に、たまたま加古川出身の菅原洋一が出演していた。なぜ菅原洋一が加古川出身と知っているかというと、わたしの母親のよし乃が加古川の出身で、この菅原洋一がたいへんに好きだったからである。
番組では、石丸幹二とデュエットで「知りたくないの」を歌った。菅原は1933年生まれで88歳だそうだが、その歌唱にひどい衰えもなく、その歌声は大したものだった。音楽大学の出身だが、もともとそんなに声量をあげて歌うタイプではなく、しみじみと歌う歌手だったから、年齢による歌唱の衰えは、そんなに感じさせないということもあろう。
番組の中で、30歳には30歳の歌が、80歳には80歳の歌がある、というのが菅原の持論だと紹介されていたが、その通りだろう。歌手によっては、自分の持ち歌を、ヒットした当時とは大きく違えて、いまの年齢によるアレンジで歌うこともあって、それはそれで興味深いことなのだが、この菅原の、年齢や時代に逆らうことなく、年月の流れに任せて歌うという姿勢もじつに好ましく、見習うべきところがある。
菅原は、当時、シャンソンのエンリコ・マシアスの曲も歌ったりしていて、シャンソン好きで岸洋子の大ファンだったわたしも、菅原洋一は好きだった。
母親は、もちろん自分が加古川出身ということもあったのであろうが、こうした、なんというか、正統派の歌謡というか、オーソドックスな歌唱が好きだったようで、テノールの五十嵐喜芳も好きだった。朝に洗濯物を干すとき、はいつもNHKの朝のクラシック番組が鳴っていたような記憶がある。
ちなみに父親の正治は、そんなに音楽が好きというわけではなかったが、酔うといつも、「みかんの花咲く丘」を歌った。終戦直後の歌だそうだから、父親が子どものころに聴いた歌というわけでもないのだろう。
父親は転勤で広島県三原市でも勤めをしていたから、白くて愛らしいみかんの花が咲く丘の向こうの、船が航行している瀬戸内海が好きだったのかもしれない。はやくに父親を亡くして苦労して育ったようだから、「何時か来た丘母さんと 一緒に眺めたあの島よ 今日もひとりで見ていると やさしい母さん思われる」という歌詞に、心の奥で泣いていたのかもしれない。 2021年10月14日 記