ブログ・エッセイ


日文研、岡田虎二郎静坐法、大連静坐会、橋本五作

京都ノートルダム女子大学図書館で紹介してもらい、京都洛西の国際日本文化研究センターにでかけ、『コドモ満洲』を閲覧した。創刊からの所蔵があり、よい勉強になった。『コドモ満洲』は1931年創刊の児童雑誌で半月刊。小学校の補助教材として、一・二年用、三・四年用・五・六年用があり撫順中学校長に転任した寺田喜治郎が編輯主幹。五号までは『月刊撫順』(のち『月刊満洲』)の付録として刊行されている。濱田廣介や北原白秋らの転載・抄録記事が目につく。これについては、柴村紀代「児童雑誌『コドモ満洲』の概要と特徴」(『児童文学研究』40号 2007年)があるので、それを参照しながら原本の誌面を繰っていった。
この「仕事」の満洲関係資料も見終えて、あとは楽しみにしていた日文研所蔵の『静坐』の閲覧だ。日文研には、岡田虎二郎関連静坐法のうち、戦前期京都で刊行された『静坐』も残されてある。そのなかで外地関係の静坐会会場などが第3巻3号巻末の「静坐案内」に載るのでそれを書きだしておく。
1 旅順工科大学寄宿舎静座会(橋本五作、週5日7時20分から50分まで)
2 大連市天神町常安寺(橋本五作、毎月第1第3日曜9時から10時まで)
3 朝鮮京城府長谷川町田中嘉蔵宅(毎週月曜8時から)
4 台湾台北市佐久間町南門公会堂(小野田鎮三郎、毎週木曜午後7時から8時まで)
5 満洲長春三笠町2番地(赤木常盤、毎週水曜日午後7時から30分)
こうしてみると、『協和』に記事を書いた丸屋新三郎(「静坐によって喘息を治すまで十数年来の難病が半年の修行で快復」4巻11号 昭和5年6月1日)はこの大連の常安寺での参加だったのだろう。天神町常安寺は満鉄本社西の大広場から歩いて10分ほどの距離であり、その先は南山地区で、満鉄社員も多く住んでいたことから、満鉄社員の参加も多かったにちがいない。
長春三笠町静坐會の世話人は赤城常盤である。常盤の夫君は赤城洋行社主槌右衛門で、槌右衛門と共に明治42年長春家政女学校を創設した人物だ(『満洲芸術団の人々』曠陽社出版部 昭和4年)。
そして橋本五作は、旅順工科大学教授だったことから、職場の大学では日曜と水曜をのぞいて週に5日早朝に定例静坐会を開いており、さらに月2回の大連会場に出向いていたことんある。
ところがその橋本五作は、昭和7年9月に亡くなってしまっている。57歳という若さであった。その追悼文が6巻10号に載っているが、そこに出るのは、愚堂生「橋本五作兄を偲ぶ」、佐藤佐一「故橋本五作先生の御病気に就いて」、日吉覚「橋本先生と福岡」である。先に『満洲紳士録』でその略歴を記したが、これらの追悼文により補記しておく。
橋本は山形師範学校をから東京高等師範学校に進み、明治37年に卒業、43年奈良師範学校に勤務した。そして明治45年4月には早や静坐を始めている。埼玉師範、鳥取師範、福井高等女学校校長などを経て大正9年7月に旅順工科学堂教授、改称した旅順工科学教授を務めた。
この旅順工科大学では上記のように静坐会を組織したのだが、橋本は頻繁に内地に帰還し各地で各種の静坐会を指導した。大正11年には福岡県学務課勤務の藤伊八郎が主宰した福岡静坐実習会の指導も行った。大正12年は橋本が洋行したため休止であったが、大正13年からは毎年8月に福岡に出向いている。昭和7年3月に旅順工科大学を退職し4月に帰国、しばらく福岡市荒戸に住まいした。かねてより福岡静坐会の懇請もあってメンバーが以前に探していた別府(べふ)の地に家を新築することとし工事にも取り掛かった。ところが昭和7年8月末に急性脳炎を発症してしまい、急な進行で9月1日には死去したのであった。
追悼文を書いた佐藤佐一は静坐の仲間で、九州帝国大学医学部衛生学教室に勤務していた。このように、静坐法の創始岡田虎二郎だけでなく橋本五作までもが若くして亡くなり、岡田死去後に、静坐が体に悪いのではないかといった風評が更に勢いを増すのではないかと憂慮していた。そして橋本の遺志もあり遺族の了解も得て橋本の解剖を行い、その結果をこの『静坐』誌上に公表して概説し、その疑いや風評を打ち消そうとしたのであった。その解剖結果では、風評にいう胃下垂とか痔疾などもみられず、その死因がまったく流行性脳炎であったと明言している。橋本五作の葬儀は9月4日福岡市薬院庄浄土宗安養院で執り行われている。橋本の帰国および死去により、旅順工科大学での静坐会はなくなったが、大連の常安寺での静坐会はしばらく続いた模様である(2017年3月9日 記 2020年5月28日改稿