ブログ・エッセイ


山田風太郎、明治小説全集、「明治波濤歌」、榎本武揚、勝海舟、福沢諭吉、吉岡艮太夫、・小杉雅之進、『戦中派不戦日記』

山田風太郎の明治小説全集(ちくま文庫)を少しずつ読んでいる。その9巻にあたる『明治波濤歌 上』の「最後の咸臨丸」をおもしろく読んだ。

咸臨丸には、勝海舟・中濱万次郎・福澤諭吉らとともに吉岡艮太夫や小杉雅之進らも乗り組んでいた。この山田風太郎の「最後の咸臨丸」の設定では、吉岡艮太夫が咸臨丸の乗組員だったメンバーに新政府への抗戦を呼びかけ、松岡盤吉・根津欽次郎・小杉雅之進の三人だけがそれに応じたことになっている。

ところで、「最後の咸臨丸」に登場する榎本武揚、榎本は維新政府に抗して函館戦争を戦ったのだが明治2年5月ついに敗北、降伏して下獄した。死罪はまぬがれまいと思われていたのだったが、黒田清隆らの助命歎願により死罪を免れて、明治5年1月には特赦によって出獄している。しばしの謹慎を経て3月8日には早や黒田次官の開拓使に出仕した。

咸臨丸の乗員で函館戦争に加わった小杉雅之進もこの時期におなじく下獄したが、榎本同様に罪を許され東京都の平民となった。一方の明治政府はといえば海軍の増強の必要性を痛感しており、そのための人材を求めていた。そして咸臨丸乗員や函館戦争に加わって赦免となった者に対してまでも政府への出仕を促した。小杉もその才能を見込まれ、政府に仕えるよう幾度も勧誘されたひとりだったが、小杉はこれをかたくなに断ってきた。小杉には、戦いの相手であった維新政府に仕えるなど、考えられないことであったのである。

先に述べたように榎本の方は早くに政府役人として仕えており、小杉はそんな榎本からも、新政府への出仕を強く勧められる。それまで固辞の姿勢をくずさなかった小杉も、榎本の度重なる懇請を断り切れず、明治7年8月ついに政府に仕えることを決意した。しかしながら小杉が選んだのは、榎本の海軍ではなく、内務省の駅逓寮であった。このとき榎本はすでに海軍中将にまで昇格しており、その後も榎本は、明治18年12月に第一次伊藤内閣の逓信大臣まで上り詰め、明治20年には子爵の位までも頂戴する。

一方の小杉はといえば、橋本進『咸臨丸還る』に載る小杉の履歴によれば、明治14年4月商務局事務取扱、8月管船課、明治14年4月管船局登簿課長、翌年登録課長となり、汽船検査などのため全国を出張する毎日を送っていた。

榎本が逓信大臣に就いた明治18年時点での小杉は登録課長で船舶検査員を務め、月俸は10円加増となったものの80円だったようである。このように小杉は、船舶関係といっても海軍への出仕ではなく、汽船の検査・試験といった船舶の実務に携わっていたわけである。これら小杉の履歴や事績については、先の橋本の論述が詳しい。

と、ここまで書いて、わたしは、こうした小杉の事績をなぞろうとしていたのではなかったことを思い出す。ただ、一庭啓二の遺した写真資料に、小杉雅之進のブロマイドもあり、そこにていねいに裏書がなされていることから、「生涯一船長」として蒸気船の船長を務め、航海の現場にこだわり続けてきた一庭が、小杉のこうした生き方に強く共鳴していたのではないかという思いを持っていることから、ついつい小杉雅之進のことに言及してしまったのだ。

ここで書いておこうと思ったのは、先の咸臨丸に乗り組んでいた福澤諭吉が、のちの榎本武揚や勝海舟に対して書いた『瘦我慢の説』を山田風太郎が「最後の咸臨丸」で引いて、小説では吉岡と榎本とを牢獄で会わせ、五稜郭で降伏した榎本に吉岡が、なぜ切腹しなかったのかと詰問する場面が興味深かったからであった。

山田の小説では、咸臨丸乗員のひとりだった吉岡艮太夫が、明治維新政府に抗するための資金集めを目的とし、悪徳に金品を得ていた官軍のお偉方や商家を襲い、反政府運動の資金を調達し蓄積していたのだったが、ひょんなことで捕えられてしまい小伝馬町の牢につながれる羽目におちいる。そしてその牢獄にたまたま函館戦争で罪を得た榎本武揚が入ってくるという設定になっている。この牢で榎本はたちまち牢名主となったのだが、その同じ牢に居ることに気づいた榎本は吉岡にこう問いかけられる。

「榎本どの、どうしてあなたは降伏されたのでござる?」

「なぜ、将兵すべて城を枕に最後まで戦うか、よしかりに降伏のやむなきに至ったとしても、主将としての責任をとって、ただちに切腹なされなんだのでござる」。

山田風太郎は、榎本武揚に対して吉岡にこうした会話をさせたあと、福澤諭吉の「瘦我慢の説」の福澤の論難を紹介したあとで、榎本に次のように答えさせている。

「お前さんは笑うかも知れんが、おれは大まじめでいう。榎本はこのままで死ぬにゃ、日本のために惜し過ぎるよ」「(造船、電信、化学などの)科学的技術的知識にかけては、おれはいまの日本では第一人者であり、かけがえのない人間だと思っているのさ」

「士道のために死ぬべきか、お国のために生きるべきか。もういちど考えて、おれは後者を選ぶことにしたんだ」。

実のところ榎本は、降伏するにあたって、責任は自分一人にと考えて切腹をしようとした。しかしながら近くの者に刀を取り上げられて自刃はならず、結局捕らわれの身となった。そしてその後の榎本は先に記したように、明治政府に仕えて、俗に言えば栄進・栄達を重ねていくことになったというわけである。

このことに対して、福澤諭吉が「瘦我慢の説」を書いて勝海舟およびこの榎本武揚を批判した。山田風太郎は、この「瘦我慢の説」を下敷きにして、またそれを先取りするかたちで、吉岡と榎本とを牢獄で対峙させ、福澤と同じ問いを吉岡に発せさせているのである。

「瘦我慢の説」のなかで福澤は、勝海舟に対して、士風維持の観点から論ずるとき、国家存亡の危急の時にあっては勝算の有無など語るべきでないにもかかわらず、勝はあらかじめ敗北を想定し、実際にはまだ敗れていないにもかかわらず、国家の大権を放棄して江戸城開城に向かったのは「瘦我慢」の士風を損なうものであると論難する。

そして榎本武揚に対しては、戊辰戦争のあとのことであってみれば勝算はなかったものの、そんな函館戦争を戦ったということは、武士の意気地つまり「瘦我慢」の情を持っていたと言える、しかしながら、釈放された後には青雲の志を起こし、ましてや大臣にまで昇進するというのは、往時の函館戦争を思い起こすとするならば、戦争で犠牲となった同志たちの冥福を祈るために遁世出家して死者の菩提を弔うべきでもあり、もしそれがならずとも、社会から身を隠して生活を質素にし、世間の耳目に触れぬように生きて然るべきであろうと難詰する。

実はこの福沢の論難の文章は、明治24年の時点でその心情を書き留めたものであって、当初は公表するつもりのないものであった。親しい友人に示したものが図らずも写本として流布してしまうこととなったため、福沢はこれを公表することを決意し明治34年1月の『時事新報』に掲載、同年5月には『丁丑公論』を合本して、『明治十年丁丑公論 瘦我慢の説』として刊行されている。この経緯は同書に収められた石河幹明「福澤先生の手簡及勝、榎本両氏の答書 瘠我慢の説に對する評論に就て」にくわしい。

この福沢の論難に対して勝海舟は、議論してもらってありがたいが、褒めるも貶すも他人のすることで、自分はあずかり知らぬことと韜晦した回答をし、もうひとりの榎本武揚は、多忙につきそのうち返答する、とこれも聞き流した風の返事している。

この「痩我慢の説」公表の経緯を考えてみると、福澤にとってはそれを公刊するというのは本意であったわけではなかったかもしれない。しかしながら、ともかく人の目に触れてしまった後に、活字化することを了承していることから、これは福澤の持論であったことには違いないだろう。

こうしたことを踏まえた上のことであろう、山田風太郎はこの福沢について、「これは、一生転向というものを経験せず、しかも論理的に士道という主義を讃美する論客が、いちどは死を賭して士道という主義に殉じようとし、その後転向した行動者に対して投げた弾劾状であった」と、微妙な言い回しながら、榎本の行き方、生き方を肯定している。しかしながら山田の考察は鋭く次のようにも小説の中で述べている。

「ただ。-それでもなおかつ。― / がんじがらめの薩長閥の中で、前政権の残党というハンディキャップを認めてやっても、彼が日本の近代化に貢献した業績は、果たして彼があえて生きのびたにふさわしいものであったかどうか」

「オランダ帰りのこの海将が、義と侠の旗の下に五稜郭で壮絶な死をとげていたら、あるいは彼こそ、維新の嵐における最大のヒーローとなり、それどころか永遠に日本人を鼓舞する幾人かの叙事詩的英雄の一人として残ったのではあるまいか、と作者は思う。―福澤の長嘆は、あながちまとはずれではなかったのである。」

長い引用になってしまった。これはもちろん、後世からの結果論ではある。しかしながら山田が福澤のことを、「転向」というものを経験せず、理論上において士道という主義を讃美する論客、と断じていることは興味深い。そして榎本に対しては、義と侠の旗の下に五稜郭で壮絶な死をとげていたならば、叙事詩的英雄の一人になって語り継がれたであろうと述べる。

ここには、日本の敗戦を23歳の医大生として迎えた山田誠也の原像と、50歳代半ばにこのように作家として書いた山田風太郎のすがたとが、ないまぜになって書き込まれてある。榎本は最後まで戦うべきだったという気持ちと、非業の死をとげた叙事詩的英雄として語り継がれる、という感情とが、なにかよそ者の客観的な観測ではなく、山田にとってはその体験に基づいた切実なものであったと思われる。

というのも、日本敗戦前日の8月14日(火)の日記に山田は長い文章を書きつけているからである。山田はこう書いている。

「(アメリカの国民は世界の警察権を掌握するために無限の血を流しつづけることを了承しないという)この弱点を衝くには、今後十年とは言わない。僕の信じるところでは、あと三年戦いつづければよい。…  日本人はもう三年辛抱すればいいのだ。もう三十六ヶ月、もう一千日ばかり殺し合いに堪えればいいのだ。/ 敗北したときを思え」(『戦中派不戦日記』)。

悲壮感にみちた極限の日であったわけだが、山田誠也は、日本人としての誇りを守るために、確かにこのように書いたのである。そして山田風太郎は、この「青年山田誠也」をずっと引きずって、それ以降も生きてきたのであった。

吉岡艮太夫・榎本武揚・福沢諭吉らそれぞれに対して、鋭くときに辛辣な筆致ながらも、そのどこかに、こころ優しく、またいたわりのこもった細やかな筆遣いを感じるのも、山田はこんな時代を生きてきたがゆえのことであった。

そのように書き綴っていく山田風太郎に、わたしはこころから共感する。                  2022年5月13日 記