ブログ・エッセイ


『ふたりからひとり』、津端修一、津端亨、『現代短歌分類辞典』

月に一度の例会から帰ってきた奥方が一冊の本を借りてきたというので、ざっと拾い読みをしてみた。つばた英子 つばたしゅういち『ふたりからひとり』という本だった。
しゅうタンと呼ばれる夫が亡くなって以降のことを綴った本なのだが、生前の二人の、創意と工夫に満ち満ちた手作りの生活を送ってきたことなどがうかがえて面白い。いたわりあって生きてきた老齢二人の生活は、まことに心にしみるものであるのだが、わたしは、「親父のこと しゅういち」とある項目で、父親つまり津端修一氏の父君のことを書いているのに目がとまった。
明治大正昭和の時代の短歌を分類して辞典をつくるために、父親はいつもカードに歌を書いていた、とあるのをみて、ひょっとして、と思ったのだった。
わたしが大阪府立図書館に司書として勤務したのが1973(昭和48)年4月のことで、中之島図書館の集書係という部署に配属され本の購入のしごとにあたっていた 。そのとき購入手続きをしていた本に、この津端修一の父君である津端亨氏のこの短歌分類辞典があったことを思い起こしたのだった。
図書館での本の購入の多くは、書店経由で搬入される本から選書をするのだが、この津端氏の短歌分類辞典は、自費による刊行だったものだから 、一社一件扱いといって、請求書により一件ずつ伺いの書類を作成して
起案をすることになっていた。このオレンジ色の小型の辞典は、二、三か月に一度ぐらいだったか に送付されて、何度か購入・支払いの手続きをしたことから、いまでもよく 覚えている。営々という言葉がふさわしい仕事だなとその時に思った記憶もある。
修一氏が亡くなってから、津端の娘さんが全60巻を国会図書館に見に行ったとあるが、各地の府県立の図書館には、1954年からご自身で刊行されてきた全集が所蔵されており、全冊で百巻は越えていると思う。現物を確認したわけでもなくその後のフォローをしたわけでもないが、ともあれ、この現代短歌分類辞典の津端亨氏であることはまちがいなかろう。
たまたま奥方が借りてきたこの、つばた英子・しゅういちの本のなかで、『現代短歌分類辞典』の津端亨氏に出会うなんてと、なんだかとても嬉しくなったのだった。(2017年7月25日記)